プリウスの特徴は、なんと言っても、その動力システムが、ハイブリッドであることです。
ハイブリッドというのは、異種の交配種、混血という意味で、2つ以上の異なるものを組み合わせたものを表現する言葉ですが、プリウスの場合は、ガソリンエンジンと、電気モーターという組み合わせですね。

このハイブリッドシステムは、動力分配機構として、プラネタリーギア(真ん中にサンギアを置き、遊星ギア、外側にリングギアという3組のギアを組み合わせる特殊なギア)を使っているのが、キーポイントです。つまり、3系列のギアがそれぞれ、発電機(回生ブレーキ)、エンジン、モーター=タイヤと連動して、複雑な動きをすべてこのギアでコントロールできるようになっています。

たとえば、タイヤが停止していても、エンジンを動かし、発電が可能だし、エンジンが停止のままでも、モータだけで発進可能だし、また、エンジンとモータの両方を動かして強いトルクを発生させ、スピードを上げることができます。逆に、減速のためには、エンジン停止のまま、タイヤと直結させて発電機を回して蓄電(エネルギー回収)するのが、そのままブレーキになります。これを全部コンピュータで制御して行っているのがすごい。

つまり、プリウスは、ロボットカーなのですね。

このほか、室内パッケージの魅力をあげる人も多いです。コンパクトな外見からは想像がつかないほど広大な室内、センターメータ、コラム式ギアレバー、椅子の位置が高めで座りやすく、視点も天井も高いことなどです。さらに、静粛性はピカイチで、停止時のアイドリングストップとあいまって別次元の静けさですね。

もっと知りたい人にためには、多くの書籍や資料のページがあります。また、トヨタのHPも技術情報の宝庫です。

話せば、尽きないのですが、最後に、プリウスの基本的な諸元をあげておきます。

大きさ 全長4.3メートル、全幅 1.7メートル、高さ 1.5メートル
エンジン 水冷直列4気筒DOHC。ミラーサイクルエンジン。EFI1500cc。最大馬力58馬力/4000回転
モーター 交流同期式。出力30kw。最大トルク31.1kgm
電池 ニッケル水素。40個直列。280ボルト
足回り 165/65R15タイヤ。ABS。
安全対策 GOA、デュアル・エアバッグ
内装 センター式のデジタルスピードメータ。センターコンソール部分のマルチディスプレイ。